不動産ローンとその金利

不動産投資と金融のお話

サイト内検索

トップページ >> 不動産ローンのメリット|不動産投資の低金利時代

不動産ローンの金利について

不動産を担保に借り入れをするというと、最も身近なものでは住宅ローンですが、事業資金や生活資金でも不動産を担保にすることが可能です。 ローンの金利は、借り手の信用状況や返済能力、それと見合いの関係にある貸手のリスクを反映して決まります。 借り手の信用力が高く、貸し手の回収リスクが低いほど低金利での資金調達ができ、リスクが高ければ、リターン(金利)も高くないと借りることができません。 不動産は、持っているだけでも固定資産税という維持費がかかります。逆に利用していなくても担保にすれば金利を節約することができます。 抵当権を設定しても、賃貸経営など、利用することには制限がありませんが、売却する場合は、売却代金の中からでもいいですが、全額返済して抵当権を抹消します。担保にして借り入れをして、万一返済が滞った場合でも、全部取られてしまうわけではなく、資金化して債務を全部返した残りは自分の手元に戻ってきます。 不動産を担保にする場合、物件に抵当権の設定登記をする必要があります。 債務の金額によって異なりますが、抵当権設定に要する費用と節約できる金利を比較してもメリットがあるかについても事前に確認しておきましょう。