不動産担保と信頼

不動産投資と金融のお話

サイト内検索

トップページ >> 不動産を担保に入れる方法|不動産投資の低金利時代

不動産担保ローンに関するお話

借入には、事業向けと消費者向け、無担保と不動産などの担保を設定する場合など、さまざまなケースがあります。 不動産担保ローンというと、自宅を購入するための住宅ローンから、社長の自宅や会社所有の不動産に抵当権を設定する事業資金の借入、少し変わったところでは、高齢化社会で注目されるリバースモーゲージローンなどがあります。 リバースモーゲージとは、自宅に抵当権を設定して生活資金を借り、生きている間は金利だけを返済して、本人が亡くなったときに自宅を売却して元金を清算する方法です。 ローンの金利は、借り手の信用と、その対極にある貸手のリスクを反映して決まります。 借り手の信用と反基本的には返済能力ですが、不動産や株券などの資産を担保にすることで、返済が滞るリスクを減らすことで、貸し手のリスクはさらに減り、結果としてリターンにあたる利率も下げることができます。 不動産は、持っているだけでも固定資産税という維持費がかかりますが、一方でその資産価値を担保にすれば、低金利で資金調達をすることもできます。 抵当権の設定には、登記費用が掛かるので、利率の違いで節約できる金利の金額と抵当権設定にかかる費用のバランスを見て、無駄のない選択をしましょう。